ペアーズとペアーズエンゲージの違い│どっちがいい?2021年最新版

マッチングアプリのペアーズと結婚相談所のペアーズエンゲージで大きく異なる点はどんなところでしょうか?

大きく異なる点の1つめとして会員数があります。

会員数はペアーズのほうが圧倒的に多いです。

2つ目にペアーズのほうが若い人が多く活動しています。

3つ目に提出する証明書が違います。

ペアーズエンゲージでは独身証明書の確認が必須ですが、ペアーズでは独身証明書の確認はありません。

そのため、ペアーズでは最悪の場合独身ではない人と出会ってしまう可能性があります

この記事では他にもペアーズとペアーズエンゲージの違いをわかりやすく解説していきます。

ペアーズとペアーズエンゲージの違う点

  • 会員数 ペアーズエンゲージ<ペアーズ
  • 年齢層 ペアーズのほうが若い人が多い
  • 証明書 ペアーズエンゲージでは独身証明書の確認がある
目次

ペアーズとペアーズエンゲージの違いをわかりやすく

ペアーズエンゲージペアーズ
運営会社株式会社エウレカ株式会社エウレカ
入会金12,000円無料
月会費12,000円 男性:無料or約3,600円
女性:無料or約2000円
成婚料・お見合い料0円
会員数3万人1,000万人
男女比6:47:3
年齢層男女ともに30代が半数以上20代~30代前半が多い
男性会員の年収非公開200~600万円
学歴7割以上が大卒以上
お見合い申し込み人数20名
対応エリア全国全国
証明書提出本人確認書類 / 独身証明書 /
収入証明書(任意) /
学歴証明書(任意) /
国家資格証明書(任意)
身分証明書
実績成婚退会者の85%が5か月以内に成婚平均4か月で恋人ができている
返金保証3か月お見合い成立なしで返金
公式サイト

ペアーズとペアーズエンゲージの決定的な違いはマッチングアプリと結婚相談所であるという点です。

どちらも同じ会社が運営していますが、マッチングアプリのペアーズを運営している株式会社エウレカが作った結婚相談所がペアーズエンゲージです。

ペアーストペアーズエンゲージでは料金はペアーズエンゲージのほうが高くなります。

ペアーズエンゲージは結婚相談所であるため、ペアーズでは身分証明書の提出のみとなっているところ、ペアーズエンゲージでは身分証明書と独身証明書の提出が必須となっています。

ペアーズは恋人を探すなら年齢層が若く登録人数が多いためベストなマッチングアプリですが、結婚相手を探すなら独身証明書の確認がされている結婚に真剣な会員が集まるペアーズエンゲージのほうがベストです。

  • ペアーズはマッチングアプリでペアーズエンゲージは結婚相談所。
  • ペアーズのほうが料金は安い。
  • ペアーズでは独身証明書の提出はない。
  • 結婚相手を探すならペアーズエンゲージのほうがいい。

ペアーズとペアーズエンゲージの料金の違い

ペアーズエンゲージペアーズ
入会金12,000円無料
月会費12,000円 男性:無料or約3,600円
女性:無料or約2000円
成婚料・お見合い料0円
返金保証3か月お見合い成立なしで返金
公式サイト

料金はマッチングアプリであるペアーズのほうが安いです。

ペアーズの料金は男女ともに無料で登録できますが、無料会員と有料会員があります。

男性の場合、無料会員だと使える機能が限られていて、マッチングできたとしてもメッセージのやりとりが一通しかできないため、恋人をゲットすることは至難のわざとなっています。

女性会員の場合は無料で多くの機能が使えるため、課金しなくても十分活動できます。

ペアーズの料金は男性は月に約3,600円程度、女性は無料で利用している方が多いです。

ペアーズエンゲージでは男女ともに料金がかかり、入会金が12,000円、月会費が12,000円かかります。

ペアーズとペアーズエンゲージの会員情報の違い

ペアーズエンゲージペアーズ
会員数3万人1,000万人
男女比6:47:3
年齢層男女ともに30代が半数以上20代~30代前半が多い
男性会員の年収非公開200~600万円
学歴7割以上が大卒以上
対応エリア全国全国
証明書提出本人確認書類 / 独身証明書 /
収入証明書(任意) /
学歴証明書(任意) /
国家資格証明書(任意)
身分証明書
公式サイト

ペアーズとペアーズエンゲージ会員数の違い

ペアーズの会員数は累計1,000万人、ペアーズエンゲージの会員数は3万人です。

会員数は圧倒的にペアーズのほうが上。

ペアーズ会員の1,000万人という数字は累計登録者数であって現在活動している人数ではありません。

ペアーズの現在活動しているアクティブユーザーはその時々で変わるのですが約100万人程度です。

100万人であっても、結婚相談所ペアーズエンゲージの会員数3万人よりも30倍以上多くなっています。

ペアーズでは毎日8,000人の男女が登録しています。

8,000人が登録しているので、4日で結婚相談所ペアーズエンゲージの会員数3万人を上回りますね。

それほどマッチングアプリのペアーズと結婚相談所のペアーズエンゲージの会員数には差があります。

男女比

ペアーズの男女比は7:3、ペアーズエンゲージの男女比は6:4です。

どちらも男性のほうが多くなっています。

一般的な結婚相談所は男女比が4:6で女性のほうが多いのですが、ペアーズエンゲージの場合は6:4で結婚相談所には珍しく男性比率の高い結婚相談所となっています。

マッチングアプリのペアーズの男女比が7:3で、ペアーズエンゲージが6:4なので、一見男性はペアーズエンゲージのほうがチャンスが多そうに見えます。

しかし、ペアーズの会員数は累計1,000万人でペアーズエンゲージの会員数は3万人と、両者の会員数には圧倒的な差があります。

男女比7:3のペアーズの女性会員は300万人です。

ペアーズエンゲージの会員数が3万人なので、ペアーズ女性会員の300万人はペアーズエンゲージ全体の会員数の300倍です。

ペアーズとペアーズエンゲージの会員数には圧倒的な差があるため、一概に男女比だけでは男性にどちらがチャンスがあるか言えない点には注意が必要です。

提出する証明書の違い

ペアーズエンゲージペアーズ
証明書提出本人確認書類 / 独身証明書 /
収入証明書(任意) /
学歴証明書(任意) /
国家資格証明書(任意)
身分証明書
公式サイト

ペアーズとペアーズエンゲージの提出書類の違いは独身証明書が提出されているかどうかです。

ペアーズエンゲージでは独身証明書の提出が義務付けられています。

ペアーズでは身分証明書だけが確認されています。

つまり、ペアーズでは独身ではない人が偽って入ることもできてしまうということです。

実際にマッチングアプリで既婚者にだまされる人は後を絶ちません。

ペアーズは会員数が多くいい人に出会えるチャンスはペアーズエンゲージより多くはなっていますが、出会った人が嘘をついていないかどうかは見極める必要があります。

ウソを見抜く自信がない人は結婚相談所のペアーズエンゲージでの婚活を検討したほうがいいでしょう。

結局のところ違う点はなに?

ペアーズとペアーズエンゲージの違う点

  • 会員数 ペアーズエンゲージ<ペアーズ
  • 年齢層 ペアーズのほうが若い人が多い
  • 証明書 ペアーズエンゲージでは独身証明書の確認がある

ペアーズエンゲージとペアーズの違う点は、結婚相談所とマッチングアプリだということです。

ペアーズエンゲージは結婚相談所なので、結婚に真剣な人と出会うことができます。

ペアーズはマッチングアプリなので、恋人を探すことができます。

具体的なペアーズエンゲージとペアーズの違う点として、まず会員数は圧倒的にペアーズのほうが多いです。

ペアーズの会員数は累計1,000万人、実際に活動しているアクティブユーザーは100万人程度です。

ペアーズのアクティブ会員100万人に対し、ペアーズエンゲージの会員数は3万人です。

出会いのチャンスはペアーズのほうが圧倒的に多いといえます。

次に年齢層はペアーズのほうが若い人が多いです。

ペアーズは20~35歳までの会員が多いのに対し、ペアーズエンゲージは30代の会員が多くなっています。

若い人にとってはペアーズのほうが同年代の恋人を見つけやすくなっています。

最後に独身証明書の提出があるかどうかが違います。

ペアーズエンゲージでは独身証明書の提出が必須ですが、ペアーズでは独身証明書の提出はありません

そのためペアーズエンゲージで出会う人は必ず独身の人のみですが、ペアーズでは嘘をついている場合もあります。

嘘を見抜く自信がない人はペアーズエンゲージでお相手を探したほうがよいでしょう。

ただ、ペアーズのほうがアクティブユーザーが30倍ほどペアーズエンゲージよりも多く、若い人も多く活動しています。

出会いのチャンスはペアーズのほうがペアーズエンゲージよりも圧倒的に多いです。

ペアーズでは女性は無料で十分活動できるので、ペアーズを使ってみて希望の相手が見つからなければ結婚相談所を考えるか、結婚相談所と並行して利用してみることをオススメします。

あわせて読みたい
[2021年版]スマリッジとペアーズエンゲージ徹底比較!6つの違い オンライン結婚相談所のスマリッジとペアーズエンゲージ。 どちらもリーズナブルな価格ですが、どう違うんでしょう? 結婚相談所の情報を探してみても、なかなかわかり...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる