薬剤師は美人が多い!?有名美人薬剤師たちを紹介!【現役女性薬剤師が解説】

薬局に行くと、薬剤師ってかわいい子や美人が多いと感じませんか?

筆者が大学に行っているとき、美人が多いと感じていました。

全員が全員かわいいとはいきませんが、かわいい子が多いです。

筆者が通っていた大学にも、一緒に働いた同僚にも、とっても美人な子っていました。

筆者は机にかじりついて勉強に苦労してやっと薬学部に入ったタイプなので、勉強もさらっとこなす美人な大学の友人を見て「勉強が普通にできてその上顔までいいなんてどういうことだ!?」と衝撃を受けたことを今でも昨日のように思い起こされます。

かわいい子が多いのはなぜなのか?

そして実際の美人薬剤師はどんな人なのか?

現役薬剤師である筆者が解説します。

目次

薬剤師に美人が多い理由

薬剤師に美人が多い傾向があるには理由があります。

薬剤師は女性が多い職業です。単に女性が多いから美人が多くなります。

薬剤師は裕福な家庭出身の人が多いです。お金持ちの男性が美人と結婚することが多いから、その子供も美人です。

薬剤師は健康や美容に知識があり、肌に悪い夜更かしやタバコなどをする人が少ないです。

そのため、肌がキレイで美人を保てる人が多いです。

薬剤師に美人が多いのは女性が多いから

薬剤師は女性が多い職業です。

薬剤師に女性が多い理由は、女性が働きやすい職業だからです。

薬剤師は国家資格であり、資格を持っていれば、一度やめても正社員で復帰できます。

そのため、出産で仕事から離れる期間のできてしまう女性にとって、いい資格なのです。

他の医師や看護師のように、比較的ハードワークというわけでもなく、過労死するほど残業があるわけでもありません。

人の体に触る仕事でもありません。

子育て中は、パートでも働けるなど、働き方もライフステージに合わせて自由に替えることができます。

医師のように高収入はえられないけど、安定していて働き方も多様な薬剤師は女性にはピッタリな仕事だといえます。

厚生労働省「性、年齢階級別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数H30

厚生労働省の「性、年齢階級別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数H30」によると、男性薬剤師34.4%、女性65.6%となっています。

薬剤師は女性が多い職業であるため、女性が多い分、美人も多くなります。

美人っているだけで目立ちますよね。

薬剤師の母親は美人が多い

薬剤師は裕福な家庭の出身者が多いです。

現在薬学部は6年制です。

私立薬学部になると、学費は6年間で1200万円かかります。

高額な学費がかかってしまうため、私立薬学部に入る学生はお金持ちの家庭の人が多くなります。

裕福な家庭とはどんな家庭科というと、具体的には、薬剤師の父親は医師が多いです。

医師の男性はいうまでもなくモテます。

そんな医師の男性が選んだ妻は美人であることは少なくないです。

医師だけに限らず、高収入の男性には美人が寄ってきます。

高収入の父と美人な母を両親にもつ薬剤師の子供には美人が多くなります。

実際に医師の父を持つ美人薬剤師の友人の母親は、スラっとした美人ママです。

その友人の家に遊びに行ったとき、筆者は世の中はうまいことできていると思いました。

薬剤師はお肌に悪い生活をしないから美人を保てる

女性薬剤師でタバコを吸う人は少ないです。

たまにいますが、ごく少数派です。

飲みに行くことが好きな女性薬剤師も多くはないです。

タバコもお酒ものまず、薬剤師の友人との女子会となると健全にお茶会やパスタを食べに行くなどが多いです。

お酒を飲まないので、顔も洗わずそのまま寝るなんてことはありませんし、睡眠の質が悪くなることもありません。

健康的な生活を送るため、美肌を保ちやすいのです。

筆者が働いたことのある当時20代の同僚は、お肌がつるつるピカピカ透明感のあるお肌で、マスクをしていても輝いてみえました。

他の女性薬剤師の友人達も、いつ見てもお肌はつるつるで、吹き出物一つありません。

どの子もタバコは吸わないし、お酒もほとんど飲みません。

薬剤師は美容や健康の知識があるから美人が多い

薬剤師は健康の知識は大学で学びます。

病気にならないための食事についても学ぶため、暴飲暴食をする薬剤師はあまりいません。

立ち仕事のせいもあるかもしれませんが、極端に太っている女性薬剤師はとっても少ないです。

美容に関しても、健康の知識とリンクするところがあるため、大好きです。

薬剤師ってカタカナに強いので、美容用語にも強いのです。

化粧品を選ぶときにも、裏の成分表示や説明をすみずみまで見てしまいます。

どの成分が入っていてどんな効果があるのか気になってしまいます。

美容皮膚科に通う人も多いです。

普段から医療機関で働いているので、美容皮膚科に通うことも普通の人よりハードルが低いです。

健康や美容に関して知識があり、興味をもって実践するため、薬剤師は美を保つ人が多いです。

実際にいる美人薬剤師たち

薬剤師に美人が多いとはいっても実際にどうなのか気になるところですよね。

そこで実際に芸能活動する美人薬剤師をご紹介したいと思います。

美人な薬剤師兼モデルKaori先生

大手調剤薬局チェーンに新卒で入社、現在は中小の調剤薬局へ転職。

サロンモデルを中心にモデル業を行いながら、2020年6月からYouTuberとしても活動されています。

Kaoriさんは近畿大学薬学部の出身で、在学中はサッカー部のマネージャーをされていたそうです。

Koriさんは薬局も開業されています。

学業の才だけではなく、芸能の才に事業家としての才も開花しようとしているのですね。

天は二物も三物も四物もあふれるほどの才能を与えることがあるようです。

美人な薬剤師 女優を目指す牛窪紗良先生

牛窪紗良さんは元AKB11期生です。

学業との両立が難しく辞めてしまったそうなのですが、現在はワタナベエンターテイメントに所属し女優になるという夢を追っていらっしゃいます。

この春から薬剤師として働きだした新人薬剤師さんです。

現役薬剤師タレントせせりこと福井セリナ先生

福井セリナ先生は、新潟県出身で慶應義塾大学薬学部薬学科を卒業し、タレント業をしながら薬剤師として働いています。

慶應義塾大学薬学部の偏差値は私立大学薬学部の中ではトップであり、国公立大学薬学部と並ぶほどの偏差値の高い難関大学です。

慶應義塾大学在学中に「慶應義塾大学薬学部ミスコンテスト」に出場し、準グランプリおよびDHC賞を獲得しています。

YouTubeでは薬剤師としての知識を生かし、美容と健康について発信されています。

薬学部で学んだ栄養や成分の確かな知識を持って、この美容を維持されているんですね。

美人な薬剤師兼グラドル加南子先生

https://twitter.com/matsumurakanako/status/1357237750118813699

なんと薬剤師でグラドルの女性がいたなんて!と衝撃的だった加南子先生。

ミス『アラサーちゃん』グランプリを受賞されています。

現在は都内の調剤薬局にて週3~4日勤務されているのだそうです。

Twitterを拝見するとスタイル抜群のセクシーな写真がたくさん載せられています。

こんなセクシーな女性と同じ調剤薬局で働くなんてドキドキしてしまいますね。

薬剤師は美人が多い!芸能界で活躍する美人薬剤師もいるよ

薬剤師は美人が多いです。

それは単に女性が多いから美人が多いだけということもあります。

裕福な家庭出身の人が多いため、高収入男性と美人妻の間に産まれているからその子供は美人だということもあります。

薬剤師は健康・美容の知識があり、気を遣っている人も多いため、美貌を保ちやすいということもあります。

その美貌を生かして、モデルや女優、グラドルで活躍されている美人薬剤師さんもいます。

薬剤師はバイトでも時給が2000円あるため、週に3、4日ほど働いてあとは芸能活動と両立もさせやすい職業です。

芸能活動をされている美人薬剤師さんたちは薬剤師の資格のよさをうまく有効活用されていますね。

頭もよくて美貌もある。

頭の良さと美貌を兼ね備えた美人薬剤師は多いし、確かに存在します。

よかったらシェアしてね!

コメント

目次
閉じる